代表メッセージ  message


当塾は、小・中・高・大から社会人へと一貫した教育を行う、日本で唯一、生徒自身が身近に先輩を感じることができる勉強した先が見える塾です。

マナビノバに通うようになってから、たくさんの生徒の「楽しい」という声や、保護者さんの「子どもが楽しく教室に通ってくれる」という喜びの声を頂いています。生徒は、ほぼ地域の口コミで集まって来てくれるようになりました。


それに伴い、さいいん教室では1教室では手狭になり、同じ町内に2教室目の開校が決まり、新しいマナビノバの講師の採用が急務となってきました。と言っても、だれでも採用するわけではありません。私たちの理念や想いに共感し、共に生徒のために働ける仲間を迎えていきたいと考えています。

◆こんな人と働きたい


自分だけに矢印が向いた人ではなく、相手のことを思いやれる人と働きたいです。マナビノバの雰囲気は暖かく、いつも「こんにちは!」「さようなら!」の声であふれています。またプライベートでも仲良く遊びます。なぜ、こんなに雰囲気が良いのか...それは、講師たちが創りだすものです。先輩講師が相手のことを思いやれる人だからこそ、この素晴らしい雰囲気の教室が生まれます。相手のことを思いやれる人、そんな人と私は働きたいです。

◆私の仕事


大学生が先生になる・・そんなことができてしまうのが塾という環境です。

先生として一番うれしいのは、生徒の目が輝く瞬間。

マナビノバはそんな瞬間にあふれています。


マナビノバでは、PaKTの大学生がツクるを学ぶ環境で小中高校生が勉強しています。未来をツクっている大学生がいることによって、どんどん憧れ、勉強する意味を見出します。

学ぶ環境をデザインする。それが私の仕事です。


この度採用サイトを立ち上げたのは、上記のような想いや、マナビノバのやっていることを理解してもらうためです。少しでも理解・共感いただき、ご応募いただければ嬉しいです。


松榮 秀士


氏  名

松榮秀士(マツエ シュウシ)|生徒にもしゅうしさんと呼ばれています(笑)
経  歴  PaKT 統括/教育デザイナー/勉強した先が見える塾マナビノバ 代表

1984年生まれ。京都産業大学工学部卒業。
2010年PaKT設立、2011年ほりきた学習教室開校、2012年ソーシャル・ビジネスとしてマナビノバに変更。小学生〜高校生の学習塾とツクるを学ぶ大学生を同一空間内で指導する一貫教育を行う。現在京都下鴨・京都西院の2拠点

プロジェクト一覧|縦のつながりキャンプ(2010),村・留学(2012),劇による英語教育DELP(2012)働くを考えるリクルートキャンプ(2011),green drinks Kyoto(2013),留学生と英語で行う和食料理教室コンブ de English(2012),教育を考えるみんなの学校プロジェクト(2014),コミュニケーションキャンプ(2014),idea camp(2012)※( )内は開始年度

PaKT HP:http://pakt.jimdo.com/

マナビノバ HP:http://www.manabinoba.org/

村・留学HP:http://mura-ryugaku.com/

私の信条 「楽しい」が人を動かす
やりたいこと 私自身、やりたいことはありません。ですが、誰かのやりたいを叶えることに情熱を注ぎ込みます。つい先日も、田舎に住みたいという女の子が田舎に住めるように環境整備に尽力しました。
学生へのMessage

時間には充ちる時間と欠ける時間があります。

色んなことに興味を持って積極的に関わってください。想像できなかった時間の過ごし方が一番できるのが、学生という時間の中にあります。PaKTでも関われるとウレシイです。